図書出版

花乱社

 書評『風の街・福岡デザイン史点描』

●「毎日新聞」福岡 2017.12.13
福岡のデザイン活動に光「功績を歴史に残したい」
ギャラリー風・武田代表が著書

 中央区天神2の「ギャラリー風」代表の武田義明さん(68)が、福岡の発展を支えてきたさまざまなデザイン活動などについて記した「風の街・福岡デザイン史点描」(花乱社、1836円)を出版した。
 博多区出身の武田さんは1997年にギャラリーを始め、さまざまなデザイナーたちと出会ってきた。自己表現するアートと違い、デザイナーは製品に名前を記すことは少ない。「無名のまま、デザイナーとして仕事をする人たちを歴史に残したい」との思いが執筆につながった。
 著書では、福岡のデザイン界に貢献した、グラフィックデザイナーの西島伊三雄、岩田屋のデザイン顧問などを務めた柏崎栄助、九州芸術工科大(現九州大)初代学長の小池新二の3氏(いずれも故人)を結び、功績を紹介。アナログからデジタルへの変遷や市地下鉄のユニバーサルデザインなども交え、福岡の多様なデザイン史の輪郭をたどった。
 武田さんは「生活風景で見過ごしてしまっているものも、たくさんの人が苦労を重ねてデザインしたということを思い起こしてもらいたい」と話している。【山崎あずさ】