図書出版

花乱社

 書評『令和田舎日記』

●「毎日新聞」2020.12.24
4作目の随想集 行橋市・郷土研究家光畑さん
 行橋市の郷土研究家、光畑浩治さん(74)が、随想集「令和田舎日記」(花乱社)を出版した。「生きて残せるものは、歩いてきた道の言葉」と語る光畑さんが、2008年から書きついできたコラムを収録した「田舎日記」シリーズ4作目。語り継ぎたい日々の発見を1編1000字にまとめた365話を収めた。
 光畑さんは元市教育部長。序文を寄せた小正路淑泰さんが「行動するエッセイスト」と称讃するほど、執筆意欲は旺盛だ。08年から3日に1編のペースで書き続けてきたコラムは11月末現在、1251編に上るという。
「書くことは、学び直し。暮しの中で『あれっ』と思うことをたどってみると、意外に大切なものが隠れている」と話す光畑さん。その気付きこそが、尽きない意欲の源だ。
 15年には執筆がきっかけとなって得た情報から、国産ワインのルーツは、江戸初期に小倉藩が現在のみやこ町で、ガラミと呼ばれるヤマブドウを原料に造らせたぶどう酒だったという史実を発掘。理事を務める豊前国小笠原協会が400年前の純国産ワインを再現するプロジェクトにつなげるなど、地域の歴史や文化を掘り起こす活動にも取り組んでいる。(松本昌樹)


●「西日本新聞」2020.12.26
田舎の強さ、大切さ実感
 行橋市の郷土研究家、光畑浩治さんが、随筆集「令和田舎日記」(花乱社)を刊行した。行橋で生まれ育ち、今も暮らす光畑さんが、故郷の文化や歴史、自然などを再発見する「田舎日記」シリーズの第4作。新型コロナウイルスの感染状況から「都会のぜい弱さ、田舎の強さ、自然の大切さを実感する」と光畑さん、ならば「郷土のことをもっと知って、楽しもう」と呼びかける。
 市の総務課長や教育部長を経て退職後の2008年、月刊情報誌の連載を機に随筆を書き始め、3日に1編(千字) を自らに課してきた。書きためた随筆は11月末で1251編。うち15〜19年の未発表作365編を収録した。前作の「平成田舎日記」刊行から約1年のハイペースだ。
 歴史に埋もれたヒト、モノ、コトを掘り起こして光をあてなおすのが光畑さんの特長だ。今回も明治期に行橋出身の「唐辛(とうがらし」という小兵力士がいたこと、日本人初の南極大陸上陸を果たした南極探検隊の服隊長格・武田輝太郎は郷土みやこ町の墓地に眠っていること、戦前戦中に政界や実業界でフィクサーとして暗躍した藤田勇という京築出身の男がいたことなどを紹介している。
 「忘れてはいけないことが、 たくさん埋もれている。字で残しておけば、後に誰かが継いでくれるだろうと思って書いている」。3月には花乱社のホームページに「田舎散人のつぶやき」というブログを開設。毎週1編ずつ過去作の随筆をアップし、新たな読者層への発信にも意欲的だ。
 本の題字は書家の棚田看山さん、挿絵は画家の城戸好保さん、序文は小倉東高校長で郷土史研究家の小正路淑泰さんに依頼。各分野で地域の文化を支える豊津高(現育徳館高)の卒業生仲間がスクラムを組んだ。(石黒雅史)