図書出版

花乱社

 書評『田原春次と堺利彦農民労働学校:社会民主主義派の水平運動と農民運動』


「毎日新聞」西部本社京築版 2023年11月23日

 農民運動家・田原春次の軌跡たどる:行橋の郷土史家小正路さんが新著
 長女への聞き取り、新資料を基に

  県人権研究所副理事長で郷土史家の小正路淑泰さん(62)=行橋市=が、同市出身の水平運動・農民運動の指導者、田原春次(1900〜73年)の軌跡をたどった「田原春次と堺利彦農民労働学校」(花乱社)を出版した。
 田原は旧制豊津中(現育徳館高)、同小倉中(現小倉高)などで学んだ後、早稲田大に進学。米国留学や新聞記者などを経て、37年の衆院選に出馬し初当選。旧社会党などで衆院議員を7期務めた。
 新著では、田原の長女・ルイザさんへの長時間の聞き取りや小正路さんが発掘した新資料などを基に、田原と、みやこ町出身の思想家、堺利彦らが担った社会運動の地域的展開と戦後への継承を描いた。
 出版記念講演会が23日午後1時半、香春町町民センター(同町高野)で開かれ、著者の他、社会運動史の研究者らが講演する。【松本昌樹】



「秋水通信 第36号」幸徳秋水を顕彰する会、2023年12月20日

 顕彰会事務局長で(公社)福岡県人権研究所副理事長の小正路淑泰氏が、「田原春次と堺利彦農民労働学校──社会民主主義派の水平運動と農民運動」を福岡市の花乱社から記念出版した。

 平民社の思想 思想的系譜である堺利彦農民労働学校(一九三一年開設)の参画者が、三〇年代に展開した無産運動の諸相、戦後の堺利彦顕彰会(一九五六年結成) への継承を堺利彦記念館旧蔵資料などを駆使して鮮やかに描き出した。

 「平民社一二〇年──堺利彦と現代」、「第三期堺利彦農民労働学校移動講座 ──満州事変期の全農総本部派」、「独立系水平社・自治正義団と堺利彦農民労働学校──対抗的公共圏の形成」、「高松結婚差別裁判糾弾闘争前後の田原春次と松本治一郎──松本治一郎旧蔵資料(仮)の検討を通して」など一五本の論考を収録。(後略)