図書出版

花乱社

『阿蘇くじゅう・朝の光へドライブ』川上信也写真集

■本体1800円+税/A5判変型/112頁/並製
■2016年12月刊
■ISBN978-4-905327-63-9 C0072
■著書『フクオカ・ロード・ピクチャーズ』 『九州・色彩をめぐる旅』
■HP「九州・色彩をめぐる旅」ブログ「シャッター音を傍らに」
■各紙に紹介されました。
『ぐらんざ』2月号,「西日本新聞」2017.1.22,「大分合同新聞」2016.12.29ほか

ご注文方法はこちらへ。

車窓の向こうに広がる草原,森,山々
朝が生まれてくる刻の,星々の瞬く音を聴き,風の色を見に行こう。
ゆっくりと目覚めてゆく大地に,生命の息吹が満ちてきて,
巡りくる季節ごとに,出会いたい奇跡が待っている。
**
登山やドライブで親しまれている阿蘇くじゅう国立公園(熊本・大分県)は,著者が撮影を続けたこの3年の間,大規模な噴火が2度,そして大きな地震という災害に見舞われた。自然の厳しさを見つめつつ,この地を長年撮り続けてきた著者による,阿蘇くじゅうの美しい朝の光景を捉えた写真集。

【本書より】
山々も花々も目覚めている。/豊かなる色の先には、/雲と山が静かにふれあう/やさしい世界が創り出される。
かつて湖だったという大昔から、/ずっと繰り返されている/新しい世界のはじまり。

【あとがきより抜粋】
 車のドアを開け、高原を覆う空を見上げると、夜明け前の星が瞬いている。うっすらと木々の影が見えはじめ、辺りの森では動物たちの鳴き声が山々にこだましている。
 朝もやの中、エンジンをかけ、フロントガラスに映し出される阿蘇くじゅうの山々のシルエットをたよりに、もはや大自然の一部とも思えるようなどこまでも続く高原の一本道をすべるように走りはじめる。まるで高原を舞う風になったような気分だ。
 窓から東の空がほんのり赤みを帯びるのが見え、草原の片隅に車を止めエンジンを切る。その瞬間に全身を覆う静寂─朝の物語が幕を上げる前の胸躍る静けさだ。星座は夜明けの空に溶けるように消えてゆき、朝の光が高原に届く。鳥たちが目覚め、忘れられない朝の交響曲を奏ではじめる。

 熊本・大分県に広がる阿蘇くじゅう国立公園。特にくじゅうは登山でもにぎわう場所として親しまれている。僕自身、二〇〇四年にくじゅうの山々を登っていた頃の作品をまとめた写真集を出版しているが、ある日、早朝のくじゅうを車で走ったときのこと、あまりにも美しい伸びやかでやさしい高原風景がずっと阿蘇まで続いているというこの土地ならではの大きな魅力を、改めて知ることになった。
 車窓の向こうに広がる草原、森、山々。
 登山で出合う特別な風景とは違い、普段から身近に存在している自然が見せる力強く優しい美しさ。そして朝の光の到来とともに、さらにしなやかさを増す雄大なる高原風景。今まで知っているようで知らなかった新たなる阿蘇くじゅうが次々と姿を見せる。
 撮影を続けたこの三年の間、この地域は大規模な噴火に二度、そして大きな地震という災害に見舞われた。多くの人たちが大変な思いをしながらも復興を進めている。阿蘇くじゅうの美しさの裏には当然、自然の厳しさが潜んでいる。そして、今はとにかくここに来てくれることだけでも大きな復興の力になる、という声を何度も聞いてきた。
 僕も以前と変わらず足を運び、写真を撮り続けている。この写真集にも、地震後に撮影したものを十枚以上掲載している。もちろんこれからもずっと撮影していくことだろう。…


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


































































































































































































































































【著者紹介】 川上信也(かわかみ・しんや)

1971年,愛媛県松山市生まれ。福岡を拠点とするフリーのフォトグラファー。福岡大学建築学科卒業後,大分県くじゅうの法華院温泉山荘に1997年より5年間勤務。その間にくじゅうの自然風景,アジアの旅風景を撮り続ける。その後プロ活動を開始し,風景のみならず自然光を生かした人物,建築,料理など様々な撮影を行っている。ライフワークとして九州の自然,旅風景の撮影を続けており,定期的に写真集を出版し写真展を開催している。
JNP日本風景写真協会福岡第2支部指導講師(2007〜),富士フイルム福岡サービスステーション専任講師(2015〜),福岡空港フォトコンテスト審査委員長(2010〜),新出光カレンダー(2016,2017)
【作品集】
『坊がつる山小屋日記:くじゅう法華院温泉の12カ月』(海鳥社,2003年)
『くじゅう万象:坊がつる日月』(海鳥社,2004年)
『福岡の休日』(海鳥社,2006年)
『フクオカ・ロード・ピクチャーズ:道のむこうの旅空へ』(花乱社,2011年)
『九州・色彩をめぐる旅』(花乱社,2014年)